ぺろぺろ速報

主にけいおん!関連のSS・VIP・声優・アニメetc.. 個人的に好きなものまとめ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

唯「え?みんなお風呂でおしっこしないの?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 18:18:57.19 ID:JxMjVU2F0
梓「はい?」

律「マジかよ……」

澪「このこあたまおかしい」

紬「さすがの私もそれはひくわ」


唯「えー?えーっ??」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 18:19:42.31 ID:P3Br/opeO
えっ?普通じゃね?



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 18:20:22.97 ID:AtzAPRpz0
憂「え?みんなお姉ちゃんのおしっこ飲みたくないの?」

梓「はい?」

純「マジかよ……」

和「このこあたまおかしい」

唯「さすがの私もそれはひくわ」

憂「えー?えーっ??」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 18:20:37.82 ID:JxMjVU2F0
唯「え?じゃあ、もしかしてみんなはお風呂でおしっこしないの???」

梓「しません」

律「しねーよ」

澪「するわけない」

紬「その発想自体なかったわ」


唯「えー!なんで?」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 18:22:22.78 ID:JxMjVU2F0
律「なんでっておまえなぁ」

唯「そうだよ、なんでおしっこしないの?教えてよ」

梓「いや逆になんでおしっこしようと思うのか教えてください」

唯「んもー!疑問文に疑問文で返したら爆殺されちゃうんだよ、あずにゃん!」

梓「いやそういうのはいいですから」

唯「ムムー」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 18:23:47.52 ID:JxMjVU2F0
澪「なんでお風呂でおしっこなんてするんだよ」

唯「だって、お風呂は裸で入るでしょ?」

梓「はい」

唯「そんで、お風呂に入ると気持ちいいでしょ?」

紬「そうねえ」

唯「気持ちいいと、出ちゃうでしょ?」

律「いや そのりくつはおかしい」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 18:27:15.79 ID:JxMjVU2F0
唯「なんで!?」 ガビーン

梓「いや、常識的に考えておかしいでしょう!なんで気持ちよくなるとおしっこ出るんですか!!」

唯「クラスの人が話してるの聞いたもん!あたし気持ちよくなるとオシッコでちゃうのーギャハハって!!」

律「それ違う!それは違う!!」

紬「というか唯ちゃんそこ詳しく!!」

唯「だからお風呂で気持ちよくなっておしっこ出ちゃうのはしょうがないことなんだよ」 ふんす

梓「いやもうどこから突っ込んだらいいのか」

唯「それにね」

梓「まだ何かあるんですか」

唯「お風呂でおしっこするととっても気持ちがいいんだよッ!!」 ババーン

梓「……どん引きです」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 18:28:01.07 ID:zHZtphPk0
風呂場じゃなくて湯に浸かりながらかよw



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 18:31:49.29 ID:JxMjVU2F0
唯「みんなもやってみなよ!じゅわーって!もう開放的ーって感じだよ!」

律「いや……いや。おい」

唯「試しに裸でトイレでおしっこしてみたこともあるけど、それとはまた違うの!」

唯「なんていうの?そう、宇宙!宇宙遊泳しながらおしっこしてるような、ほら、あれ。ね!」

梓「……誰かどうにかして。この先輩」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 18:35:49.13 ID:JxMjVU2F0
唯「トイレでのおしっこが5なら、お風呂のおしっこは10!いや12はあるね!!」

律「もう、好きにしてくれ……」

紬「がんばれ私負けるな私どこかに萌えポイントがあるはずなのよ」

唯「さあみんなもレッツ、バスおしっこ!」 キラリン

梓「頼まれてもやりません」

澪「……」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 18:39:28.58 ID:JxMjVU2F0
唯「すごいんだよ!開放感!解放感が!」

律「いや、いくら開放感があってもさ」

澪「……というか問題は解放感がどうこうとかいう話じゃないだろ」

唯「に?」

梓「と、いいますと?」

澪「唯。……唯の家のお風呂に入る順番はどうなってるんだ?」

唯「え?いつも私が一番だけど」

律「うおおおおおおおおおおおおおおおおおい!!!!!」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 18:44:53.35 ID:JxMjVU2F0
唯「わあ!びっくりしたなあもう」

律「びっくりしたとかじゃねえだろ!お前なにしてんだあ!」

唯「え?え??なに?なに???」 キョロキョロ

梓「一番風呂でおしっこするとかどんだけ外道なんですかーっ!!」

唯「えー!?なんでなんでー?」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 18:48:53.94 ID:JxMjVU2F0
澪「…唯。お前もお風呂に入った時に、湯船のお湯で顔をバチャバチャやったりするだろ?」

唯「うん」

澪「そのお湯に誰かのおしっこが混ざってたらどうする?」

唯「ええっ!?なにそれ、最低!」 ぷんす

唯「……」

唯「……はっ!」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 18:51:55.60 ID:JxMjVU2F0
唯「あっ……あ」

唯「あああああっ!!」 ポロポロポロ

澪「……気づいたか」

唯「びえええええん!わたじ、わたじういにびどいごどおおおおおっ」 ブワワーッ

梓「やっと気づきましたか。自らが犯した、その罪の重さに……」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 18:56:19.50 ID:JxMjVU2F0
律「憂ちゃんは、ずっと唯のおしっこ入りのお湯で顔を洗ってきたんだぞ」

唯「ひいいい!だめええ!憂そのお湯で顔洗っちゃだめえええっ!!」

唯「びええん、だれか憂をとめてちょうだいー」 ヘタリ

紬「……唯ちゃん、いつからなの?」

唯「えっ」

紬「お風呂でおしっこすることを、始めたのは」

唯「一人で入るようになってからだから、小学校の3年生くらいだよ」

梓「3年、3年……じゃあ、8年も、憂は」

唯「ああっ、そんな!そんなあーっ!!」 ガガーリン

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 19:02:54.36 ID:JxMjVU2F0
唯「わたしは、私はなんてことを……」 ガクガク

律「憂ちゃんにごめんなさいしないといけないよね」

唯「……うん」 ぐすっ

唯「謝って許してもらえるようなことじゃないかもしれないけど、それでも」

梓「だめですっ!」

唯律「えっ」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 19:05:26.27 ID:JxMjVU2F0
梓「だめです」

律「な、なんでだよ」

紬「知らぬが仏、という言葉もあるわ」

梓「……自分が8年間もおしっこ風呂に漬かってたとか、私だったら知りたくないです」

律「そういわれてみれば、確かに……」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 19:11:31.66 ID:JxMjVU2F0
澪「内緒にしておこうな」

唯「う、うん。そうだよね。内緒にしよう。憂には内緒でおしっこを」

律「するなーーーーっ!!!」

唯「えっ?」

唯「………」

唯「………あっ」

唯「し、しないよ!するつもりなんてないよ!ちょっと油断してただけだよ!!」

梓「する気まんまんじゃないですかっ!!」



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 20:12:38.16 ID:JxMjVU2F0
律「するなよ!絶対するなよ!!」

唯「う、うん!」

梓「不安なこと極まりないです」

澪「憂ちゃんのためなんだからな。我慢しろよ」

唯「うん…そうだよね。憂のためなんだから」 ふんす

紬「唯ちゃんのおしっこ、唯ちゃんのおしっこ……
  そこに魅力を感じることができれば私は人間的にひとまわり成長できるはず」 ブツブツ


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 20:19:43.36 ID:JxMjVU2F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


唯「お風呂でおしっこしない、お風呂でおしっこしない……」 ぶつぶつ


ガチャ

唯「ただいまー」

憂「おかえりなさい、おねえちゃん!ご飯の準備」

唯「しないよ!」

憂「えっ」

唯「あ、いや。ご飯、ご飯は、するよ!えっ、あいやしな、あれ?あれれ?」 ぐるぐる

憂「おねえちゃん?」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 20:25:03.40 ID:JxMjVU2F0

もぐもぐ

唯「あはーん!やっぱり憂はご飯作りの天才だよー!」

憂「ふふっ、もうお姉ちゃんったら♪」

コリコリッ

唯「きゅーん!このレンコンの辛子あえがもう!もうっ」 ツーン

唯「暑さにやられて重かった胃がよみがえるーっ!!」 バクバク

憂「よかった♪」 ニコニコ


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 20:26:14.68 ID:JxMjVU2F0

ごくごく

唯「ぷはー。ごちそうさまー♪」

憂「おねえちゃん、お風呂も沸いてるよー」

唯「わーい♪」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 20:30:21.65 ID:JxMjVU2F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ざぷーん


唯「ふいー♪」

唯「…あれ?なんか忘れてる気がするなあ。なんだっけ」

唯「……」

唯「…んっ」 ぷるぷる

唯「ふぃぃーっ♪極楽ごくら」

唯「……」

唯「ああーっ!!!」 ザバァ


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 20:41:27.36 ID:B60gwrXKO
さすが唯ちゃん。
期待を裏切らない



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 20:41:42.17 ID:JxMjVU2F0
唯「ああっ、あ、そ、そうだ。しちゃだめなんだったああ」 オロオロ


憂『おねえちゃん!?何かあったの?大丈夫?』 コン コン


唯「う、うい!どうしよう、私っ」


憂『おねえちゃん!!大丈夫!?開けていい?開けるよっ!?』


唯「あ!や、あ、う、そか、憂は、あだ、大丈夫だからっ!開けないでえっ!!」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 20:42:11.74 ID:JxMjVU2F0
唯「はううう、どうしよう…。」

唯「お湯入れ替えたら……だめだよ、憂が変に思っちゃうよ!」

唯「……憂……」

唯「じゃあせめて…せめて私も憂と同じ目にっ!」

唯「自分のおしっこ入りのお湯で……顔をッ!!」

ばしゃ ばしゃ

唯「……」

唯「…すっごいみじめ」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 20:47:27.59 ID:JxMjVU2F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


梓「……」

律「おまえいくつだ」

唯「ひどーーい!!」

澪「結局憂ちゃんは昨日も唯のおしっこに漬かったわけか」

唯「うううー」

紬「事態は深刻だわ。なんとかして唯ちゃんが湯船でおしっこしない方法を考えないと」

梓「そうです。憂の身体をおしっこ地獄から掬うためにもッ!!」 ババーン


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:01:27.17 ID:JxMjVU2F0
律「でも、いったいどうすれば」

唯「あんな気持ちいいお風呂に入っておしっこしない選択肢なんてないよ……」

梓「普通の人は気持ちいいお風呂に入ったくらいでおしっこ漏らしません」

唯「ぶー」

澪「漏らす?おしっこを……そうか!」 キュピーン

紬「何か閃いたの?澪ちゃん!」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:04:21.64 ID:JxMjVU2F0
澪「おしっこが漏れるなら、おしっこが漏れないようにしてしまえばいいんだっ」 バーン!!

梓「おしっこが漏れないように……そうか!唯先輩のおしっこの穴に木工用ボンドを」

唯「ヒイィーーーッ!?」 ブルブル

澪「違う違う違う!お風呂に入る前にトイレでおしっこをしてしまえばいいって話だよっ!」

律「なるほど、そういうことか!」

唯「澪ちゃんすごい!天才だよっ!!」

紬「誰もが気がつきそうで気がつかなかった盲点というやつね!」

梓「木工用ボンドもってきましたよ、先輩!」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:05:39.69 ID:jYqUN7S20
あずにゃんwww



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:07:48.96 ID:JxMjVU2F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


唯「なんとかおしっこの穴は守り通したよ……」 げっそり


ガチャ

唯「ただいまー」

憂「おねえちゃん、おかえりなさい♪ご飯もお風呂も準備できてるよー」

唯「じゃあ、先にお風呂に入ろうかな」

憂「うん♪」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:08:53.36 ID:JxMjVU2F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちょろちょろちょろ

唯「ふー」

カラカラ フキフキ ドジャー

唯「よっし、これでお風呂にはいってもおしっこしないぞー」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:11:14.73 ID:JxMjVU2F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ざぱーん ざざー

唯「ふいー♪」

唯「……」

唯「うん、大丈夫!」

唯「これでもう、憂に悲しい思いをさせずにすむね」 ふんす

唯「……」

唯「……」

唯「…ん」

唯「……なんか…ものたりない…」 しゅん



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:14:02.83 ID:JxMjVU2F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


唯「ごちそうさまー♪」

憂「おそまつさま♪」

唯「にこにこ」

憂「?」

カチャカチャ ジャー

憂「うん、片付けも終わったし、私もおふろはいろっかな」

唯「にこにこ」

憂「?(にこにこしてるおねえちゃんかわいい♪)」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:18:00.42 ID:JxMjVU2F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ざぶ


憂「ふー♪」


バチャ バチャ

憂「うーん、いいお湯ー♪」


ごくごく

憂「……!?」


憂「いつもと味がちがう!」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:20:01.10 ID:AIQJiyQr0
なんというソムリエ


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:22:58.69 ID:XAPq0CWqO
やっぱ憂はこうでなくちゃな


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:25:20.43 ID:JxMjVU2F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

唯「ふふーん、いまごろ憂はかつてない最高のお風呂を」


ガチャバターン

憂「おねえちゃーん!!」

唯「わっ、憂!服も着ないで!?そんなに感動し」

憂「お姉ちゃんどうしたのお姉ちゃん!!病気!病気なの!!?」 ぶんぶんぶん

唯「わ、あ!?ちょ、う、い、ち、つい、いー」 がくがくがく



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:28:15.71 ID:JxMjVU2F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

かくかくしかじか


唯「……と、いうことなの…」 しゅん

憂「……」

唯「ごめん、なさい……憂には、本当に、なんて謝ったらいいかぁぁ」 ポロポロポロ

憂「…はっ。 あ、お姉ちゃん!大丈夫だよ!私怒ってないよ!むしろお礼を!いやそうじゃなくて」

唯「おれ……い?」 グスッ

憂「え、あ、う」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:31:44.59 ID:JxMjVU2F0
憂「あ、ほら!その、おねえちゃんが正直に話してくれたことが嬉しいのっ!」

唯「うい……」 ジーン

憂「それに、黙ってたのも、私を気遣ってくれてのことでしょう?嬉しいよ」

唯「うん…でも、本当にごめんね?いままで、ずっと…」 グスッ

憂「んもう、ちゃんと謝ってくれたんだからいいよ。ね?」

唯「ぐすっ。うん!」 ニコ


憂(そう。おねえちゃんに罪はないよ。本当に許せないのは……ッ!) ギリッ


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:37:36.08 ID:JxMjVU2F0
憂(本当に許せないのは……私ッッ!!) ギリリッ

憂(おねえちゃんのおしっこ入りの湯船!気がつかなかった!気づかなかった自分が許せないッ!!!)

憂(そんな貴重なものを無自覚なまま、文字通り!文字通り湯水のように浴びていた自分が許せないッッッ!!)

憂(思えば、物心ついた時からあの味だったッ。…当然。違いがわからないのは当然といえるが)

憂(しかしッ!!真実を知ると同時にそれを失うとは、あまりに!あまりに残酷ではないかッ!!)

憂「失ってから……はじめて実感するのだ、人間はッ。それが、かけがえのないものだと……ッ!」


唯「…憂?」 キョトン



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:39:37.84 ID:yIEZ4qPAP
許せいないのはけいおん部員じゃないのかよ



89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:44:44.68 ID:JxMjVU2F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


梓「こんにちわ、梓です。」

梓「あれから、唯先輩の湯船でおしっこをする癖は治ったそうです。」

梓「しばらく憂が元気なかったけど、まあなんとなく理由は想像つくんでほっときました。」

梓「まあこれで、唯先輩もお風呂でおしっこしないという、人として最低限のマナーが守れるようになったわけです」

梓「この調子で軽音の練習をするという軽音部員としてのマナーも身に着けてくれればいいんですが。」

梓「まあ、お風呂でのおしっこも止められたんですから、きっとできますよ。ね、唯先輩。」

梓「さあ、その日を目指してさっそく練習です練習。」

唯「」

梓「……唯先輩?」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:51:16.00 ID:JxMjVU2F0

ピー      ピー
    ポー       ポー

梓「唯先輩!唯先輩っ!」

紬「唯ちゃん!唯ちゃあああん!!」

憂「おねえちゃああああんっ!なにが!なにがあったのおおっ!」

律「わ、わからないっ。練習始めようとしたらいきなり倒れてっ」

澪「唯っ、唯いっ!!」


救急隊員「付き添いの方、1名お願いしますっ!」

憂「はいっ!私、私がいきます!!」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 21:57:40.11 ID:JxMjVU2F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


梓「原因不明!?」

憂「……うん。異常に身体が弱ってるけど、精密検査でも何一つ異常はなかったって…」

澪「そんな……なんで唯が、そんなに」

律「貧血で倒れるようなタマじゃないだろ、あいつがっ!!」

憂「……」 ぐすっ



紬「……もしもし。斉藤、琴吹家の顧問医師団を呼びなさい」

斉藤『しかし、お嬢様。ご学友には琴吹家の力を振りかざすような真似は控えるのでは』

紬「そんなこと言ってる場合じゃないもの。私の家の力で唯ちゃんが救えるなら、何でもするわ」

斉藤「お嬢様……」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 22:03:36.29 ID:JxMjVU2F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


唯「ストレスだって」


紬「スト……」

律「レス?」

精神科医「おそらく最近何か強い抑圧を受けたのでしょう。
       精神的なストレスが身体に影響を及ぼすのはよくあるケースです」

澪「最近……というと、もしかして」

唯「いやあー、やっぱお風呂でおしっこできないと何かものたりなくってさー」 テレテレ

梓「唯先輩……」 ハァ



ピ ポ パ

紬「斉藤、医師団キャンセル…え、もう出発した?え、ええ。じゃあお給金は私のお小遣いから…え、そんなにかかるの?」



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 22:11:12.88 ID:JxMjVU2F0


憂「もう、我慢は身体に毒だよっ。身にしみてわかったでしょ」

唯「てへへ、めんぼくなやー」

憂「これからはお風呂でおもいっきりおしっこしていいからね♪」 ニコ

唯「わぁ!」 パァー

梓「いやいやいや」

律「まあ、でも他に方法がないなら仕方ない……のか?」

唯「……で、でも!憂をおしっこ入りの湯船に漬からせるなんて、耐えられないよ…」

憂「お姉ちゃんやさしい ///  …ううん、そうじゃなくて!お姉ちゃんの身体の方が大事だよっ!」

唯「でも憂が!!」

憂「お姉ちゃんが!!」


梓「病院でイチャイチャしないでください」



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 22:18:09.84 ID:JxMjVU2F0

澪「……別に憂ちゃんが先に入ればすむ話じゃないか」

律「おおっ、なるほど!!」

唯「やっぱり澪ちゃん天才!!」

憂「そ、そんな!おねえちゃんが私の身体で汚れたお湯に漬かるなんて!」

唯「大丈夫だよっ!憂のなら、汚くないもんっ!」

憂「お、おねえちゃんったら。もう /// 」

唯「私が一番あとに入れば、誰にも気にせず出せるしね!澪ちゃんは本当に頭いいなあ!」

澪「こ、こんなの誰でも思いつくだろ、ふふ」 ドヤッ


紬「それはそうと、りっちゃんお願い。後でおいしい駄菓子屋さん教えてほしいの」

律「ん?別にいいけど。なんで?」



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 22:22:48.90 ID:JxMjVU2F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


憂「おねえちゃんごめんね?先にお風呂入っちゃって」

唯「なあに気にしなさんなー♪おっふろおふろー」

ガチャ


ざぶーん

唯「ぷはー♪」

唯「はひー。極楽極楽ー」

唯「……」

唯「…んっ」 ぷるぷる

唯「あはーん♪天国ぅー」 ツヤツヤ


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 22:23:34.79 ID:JxMjVU2F0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


憂(お姉ちゃんがあがったら……むふふ)



唯『憂ぃー?』



憂「はーい。なあに?おねえちゃん」



唯『わたし最後だから、お湯抜いとくねー』 キュポン



憂「ギャーーーーーーーーーーーッ!!」


                                    完



118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 22:56:38.68 ID:+TO7E4eD0
面白かったよ



119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/09(月) 23:18:14.03 ID:/aT17E/zP

憂がいつも通りでよかった
関連記事
スポンサーサイト

| SS(VIPスレ) | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uiuikawaui.blog27.fc2.com/tb.php/170-f8b47d88

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。