ぺろぺろ速報

主にけいおん!関連のSS・VIP・声優・アニメetc.. 個人的に好きなものまとめ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

和「唯だと思って話しかけたら犬だった」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:11:13.88 ID:XW2JEjTC0
通学路にて

和「おはよ唯。髪型変えたのね」

犬「ワン!」

和「ちょっと、何よワンって。あのとき私がその髪型を犬みたいって言ったから?」

犬「ワン!」

和「もう、ふざけるのもいいかげんにしなさいよね」

犬「ワン!」

和「まったく……。はいはい可愛いわよ。本物の犬みたいで」

犬「ワォ~ン」

和「……」







和「よく見たら本物の犬だわ」

71 : 以下、名無しにか - 2010/11/24(水) 02:49:54.22 ID:Iuk51UP+0
和ちゃんSSは良SSの法則


名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:12:08.82 ID:XW2JEjTC0
和「最近勉強のし過ぎで疲れているのね、私」

犬「ハッハッ」

和「まさか唯と犬を見間違えちゃうなんて……」

犬「ハッハッ」

和「確かにちょっと毛深過ぎじゃないかなと……」

犬「ハッハッ」

和「さらに近づいてみたら、私のひざ下より小さくておかしいとは思ったけど……」

犬「ハッハッ」

和「でも、毛の色も唯とそっくりだし見間違えるのも仕方ないわ」

犬「ワン!」

和「うふふ。あなたもそう思うの?」

犬「ハッハッ」

和「じゃあね、唯によく似たわんこちゃん」

犬「ワン!」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:13:06.33 ID:XW2JEjTC0
和「……」スタスタ

犬「ハッハッ」

和「……」スタスタ

犬「ハッハッ」

和「……」タタタタタ

犬「ハッハッ」

和「どうしよう……、ついてきちゃうわ」

犬「ハッハッ」

和「なんだか懐かれちゃったのかしら」

和「ごめんね、私は今から学校に行かなきゃならないの。だから、あなたを連れて行く訳にはいかないのよ」

犬「わふ?」

和「いい子だから、あなたも早く家に帰りなさい」

犬「ワン!」

和「わかってくれたの? お利口さんね」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:14:09.25 ID:XW2JEjTC0
和「……」スタスタ

犬「ハッハッ」

和「……」スタスタ

犬「ハッハッ」

和「やっぱり全然わかってないわ」

和「よく見たら首輪してないし。まさか捨て犬?」

和「もし、学校の敷地内に入って先生に見つかったら最悪保健所行きなんてことに……」

犬「ハッハッ」

和「ほら、もう私についてきちゃ駄目よ」シッシ

犬「くぅ~ん……」

和「そんな甘えた声を出しても駄目。って言うか甘え上手なところも唯にそっくりね」

犬「くぅ~ん……」

和「駄目なものは駄目よ。ほらもう行って」シッシ

犬「くぅ~ん……」ウルウル

和「うっ……」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:15:02.47 ID:XW2JEjTC0
 生徒会室

和「……」コソコソ

犬「ハッハッ」

和「あ、あまりの可愛さに思わず連れてきちゃった……」

和「なんだか、本当に唯の雰囲気も持ってるし……」

和「でも、どうしようかしら……。とりあえず生徒会室に隠しとけば放課後までは大丈夫だと思うけど」

犬「ワン!」

和「ち、ちょっと。静かにしてなきゃ誰かにばれちゃうわよ」

犬「わふ」

和「そうそう、あまり大きな声だしちゃ駄目よ」

犬「わふ」

和「うふふ、いい子ね」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:18:07.47 ID:XW2JEjTC0
 3年2組 教室

澪「あ、和おはよう」

和「ええ、おはよう」

律「和遅刻ギリギリじゃん? 何かあったの?」

和「ちょっとね」

紬「もしかして、和ちゃん寝坊しちゃったとか?」

和「まぁ、そんなところね」

律「和が寝坊なんて、これは桜高の歴史年表に載るくらいの出来事じゃないか!?」

和「なによそれ」

澪「それほど珍しいって事だよ」

和「私だって寝坊くらいするわよ。
  ところで、その寝坊の常連さんがまだ来てないみたいだけど」

律「きっと、髪の毛ボサボサで走ってくるんだろうな」

紬「それじゃあ、私がまた唯ちゃんの髪をセットしてあげなきゃ」

澪「ムギはそういうの好きだよな」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:20:26.19 ID:XW2JEjTC0
 キーンコーンカーンコーン

律「おいおい、唯のやつ遅刻確定じゃん」

澪「まったく、もう受験も近いってのに」

和「今日は休みじゃないかしら?」

紬「どうしてそう思うの?」

和「私が知ってる限りあの子、遅刻ギリギリはあっても遅刻したことはないのよ」

澪「……そう言われれば」

和「意外とそういうところに関しては繊細なのよね、唯ったら」

律「だったら普段もギリギリじゃなくてもっとゆとりをもって登校してくればいいのに」

和「でも、そこが唯の唯たる所以よね」

澪「なんとなくわかる気がする……」

紬「やっぱり幼馴染ね。唯ちゃんのことは和ちゃんが一番わかってる」

和「まぁ、唯が遅刻しない原因の一番は憂がしっかりとしてるってところなんだけどね」

律「ですよね~」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:22:14.28 ID:XW2JEjTC0
 ・ ・ ・ ・ ・

さわ子「は~い、皆座って。HR始めるわよ」

さわ子「あれ? 平沢さんはまだ来てないの?」

律「今日は休みなんじゃないの?」

さわ子「そんな連絡受けてないわよ」

律「あれ? じゃあ来るんだ」

さわ子「もう、この時期に遅刻だなんて弛んでる証拠ね。しっかり説教してあげなきゃ」

さわ子「いい? 皆ももう受験が控えてるんだからしっかりとね」



和(唯が遅刻? ありえないわ)

和(何よりも憂がついてながらそんなことになるはずなんてない……)

和(……何かあったのかしら)


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:24:05.68 ID:ywkx6+hmO
まさか……



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:24:51.32 ID:XW2JEjTC0
 1時間目終了

澪「結局、唯来なかったな」

紬「やっぱり休みなのかしら?」

律「でも、連絡が何もないっておかしくないか?」

和「唯の携帯にかけても電源が入ってないか圏外かってアナウンスだし……」

澪「心配だな……」

紬「そうだ! 憂ちゃんに聞いてみたらいいんじゃない?」

律「そっか、その手があった」

澪「じゃあ、2年生の教室に行こうか」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:27:57.40 ID:XW2JEjTC0
 2年1組

憂「えっ? お姉ちゃん来てないんですか!?」

律「うん、だから憂ちゃんなら何か知ってるかと思って聞きに来たんだけど」

澪「憂ちゃんも知らなかったんだ……」

梓「どうしたんです?」

紬「実は、唯ちゃんが学校に来てないの」

梓「えっ?」

憂「お姉ちゃん、トンちゃんの水槽掃除するからって朝早くに家を出たんです」

憂「でも、まさかまだ学校に来てないなんて……」

梓「そういえば、昨日私がトンちゃんの水槽そろそろ洗った方がいいかなって言った覚えが」

憂「うん。だからお姉ちゃん『あずにゃんをびっくりさせるんだ』って」

梓「唯先輩……」

和「唯らしいっちゃ唯らしいわね」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:30:29.84 ID:XW2JEjTC0
憂「けど、まだ学校に来てないってことはまさか事件か何かに巻き込まれたんじゃ……」

憂「それともトラックに轢かれて今頃生死の境をさまよってるんじゃ……!?」

梓「憂、落ち着いて」

澪「車に轢かれたとかだったら憂ちゃんが来る途中で何か騒ぎになってるはずだから
  それが無いってことは唯が事故に巻き込まれたとかはきっと無いよ」

憂「そ、そうですよね」

和「でも、唯ったらいったいどこに行っちゃったのかしら」

純「あの~……」

梓「何? 純」

純「私思うんですけど、唯先輩ってどこか抜けたとこあるじゃないですか~」

憂「そ、そんなこと……」

律「だな」澪「うん」紬「そうね」梓「まぁね」

憂「……」

和「当たり前じゃない。今更何言ってるんだか」

憂「!?」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:31:52.07 ID:XW2JEjTC0
純「なので、そのトンちゃんの水槽を洗い終わったはいいけど
  それに力を使い果たして軽音部の部室で寝てるなんてことは……」

憂「純ちゃんいくらなんでも……」

和「充分に有り得るわね」

憂「!?」

律「よ~し! だったら部室を見に行くか~!」

澪「ったく、唯は人騒がせなんだから」

梓「せっかく早くに家を出たのに部室で寝ちゃってるなんて、呆れて物が言えません」

紬「まぁ、そこが唯ちゃんの可愛いところでもあるんじゃない?」

憂(すでに既定事項!?)


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:33:57.89 ID:XW2JEjTC0
 軽音部 部室

律「やっぱり、音楽準備室の扉が開いてる」

律「こらー唯。寝てないでちゃんと教室に……!?」

澪「ん? どうした? 律」

梓「こ、これはっ!?」

紬「私たちの部室が荒らされているっ!!」

律「私が置いていたマンガがそこら中に散乱しているっ!」

澪「今はそんなことを心配してる場合じゃないだろ!」

和「唯は無事なの!?」

憂「お姉ちゃん! どこにいるの!? 返事をして!!」

純「ど、泥棒が入ってきたっていうの!?」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:36:29.00 ID:XW2JEjTC0
 ・ ・ ・ ・ ・

和「唯がどこにもいない……」

律「ま、まさか……部室を荒らした犯人に連れていかれたんじゃ……」

憂「!?」

澪「おい律! 縁起でもないこと言うな」

憂「おおおおおおお姉ちゃん、ど、どうしよう……私……」

梓「憂、落ち着いて!」

紬「憂ちゃん、そもそも唯ちゃんはまだ学校に来てないかもしれないわ」

純「でもそれじゃあ、唯先輩は今どこに……」

   「・・・・・・」

和「とりあえず、このことは先生に知らせておく必要がありそうね」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:38:08.15 ID:XW2JEjTC0
澪「う、うん……、そうだな……」

和「じゃあ、何か盗られたものが無いか確認してもらえる?」

憂「和ちゃん! 何でそんなに冷静でいられるの!? お姉ちゃんいなくなっちゃったんだよ!」

和「憂、私だって唯のことが心配で胸が張り裂けそうなのよ」

憂「だったら早くお姉ちゃんを探しに行こうよ!」

和「落ち着きなさい憂」

憂「嫌だよ! お姉ちゃんにもしもの事があったら!」

和「ふんっ!」ドゴッ!!

憂「ふぐっ!!」

律澪紬梓純「!!?」

憂「……」グッタリ…

和「唯が絡んでいるだけに冷静さを失っている憂にはちょっと眠ってもらったわ」

律「う、うん……」

純(カッコイイ!)


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:41:45.21 ID:XW2JEjTC0
和「で、無くなってるものはない?」

律「ドラムはちゃんとあるし……」

紬「キーボードにも異常は見られないわ」

澪「特に盗られたものはなさそうだけど……」

梓「ああっ!?」

純「うわっ! ビックリした! 梓、いきなり大声出さないでよ」

澪「梓、何か盗られたのか!?」

梓「と、トンちゃんの餌が袋ごと無くなってます」

紬「トンちゃんの餌が?」

梓「はい、あ、私の物は特に無くなっている物はありませんでした」

和「被害は、亀の餌だけ……?」

律「……みたいだな」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:44:17.51 ID:XW2JEjTC0
和「その辺に散乱しているマンガで何か無くなってる物は?」

律「確認してみたけど、ちゃんと持ってきてたやつ全巻揃ってる」

和「そう……」

純「へんな泥棒ですね」

和「窓は全部閉まってる?」

澪「うん、ちゃんとロックも掛かってる」

和「だとしたら……」

梓「犯人は窓から逃げたんじゃなく、校内に潜んでいる可能性もありますね」

紬「ちょっと待って! 犯人は窓に何か細工をしたって可能性も捨てきれないわ!」

律「どういうことだい? ムギ田一君?」

紬「ええ、犯人はまだ校内にいる。そう私たちに思わせることで窃盗犯は容易に逃げ出すことが出来る」

純「じ、じゃあ……」

紬「これは、密室トリックを逆手にとった犯人の知能的な犯罪!」

律純「な、なんだってーーーー!!!!」

澪「こんな状況でよくそんなおふざけが出来るもんだな」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:46:56.14 ID:XW2JEjTC0
梓「もう! 真剣にやって下さい!」

紬「ごめんね、こんな状況なんて滅多にないもんだからつい……」

純「でも、窓から逃げた形跡がないんだったら
  本当に校内にいるかもしれないんだし結構危険じゃないですか?」

和「とりあえず、犯行時間がわからないわけだし、もし夜中に泥棒が入ったんだったら
  もう既に、遠くまで行っちゃってるでしょうね」

梓「亀の餌を盗りにわざわざ泥棒しますかね?」

澪「それに、唯がいないことも気がかりだ……」

和「ええ、私たちが考えても仕方のないことだわ。だからここはやっぱり先生に……」

律「あれ? なんだこれ?」

澪「どうした律?」

律「いや、なんだか散らばってたマンガに動物の足跡のようなものが……」

紬「本当ね、このサイズだったら猫か小さめの犬?」

和「えっ!?」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:49:21.47 ID:XW2JEjTC0
律「どうした? 和。変な声出して」

和「い、いや。何でもないのよ」

和(もしかしてあの子、生徒会室から逃げ出したのかしら)

紬「これは、事件解決の糸口になるかも!」

律「よし! ムギソン君。捜査続行だ!」

紬「はいっ! リツムズ探偵!」

和「あの……、じゃあ私先生に報告に行くね」

澪「ああ、頼む和」

和「悪いけど、憂を保健室に連れて行ってくれるかしら?」

梓「はい、任せて下さい」

純「あとで私にも気絶させる技教えて下さいね!」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:52:31.45 ID:XW2JEjTC0
和「泥棒なんて最初っからいないんだわ」

和「あの子が逃げ出しちゃって軽音部の部室で暴れまわっちゃったのね」

和「だから、何も盗まれた物がなかった」

和「亀の餌は食べられると思ったから持って行っちゃったんだわ」

和「早く探さないと、先生に見つかったら大変なことになるかも」

和「でも、どこに……」

和「あれ? 何かが点々と落ちてる……?」

和「盗っていった亀の餌かしら?」

和「これを辿って行けばきっと見つけることが出来る!」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:54:12.63 ID:XW2JEjTC0
和「見つけた!」

和「人があまりいない部室棟の校舎の方で良かったわ」

犬「ハッハッ」

和「もう、大人しくしてなきゃ駄目じゃない」

犬「ワン!」

和「小さな声で」

犬「わふ」

和「あれ? さっきは気付かなかったけどあなた頭に何かついてるわよ」

犬「わふ?」

和「こ、これって、唯がいつも付けてるヘアピンじゃない!!」

犬「わふわふ」

和「……」

犬「ハッハッ」

和「ちょっと私、今から変なこと言うけど、別に頭がおかしくなったとかじゃないからね」

犬「わふ」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:58:06.49 ID:XW2JEjTC0
和「あなた、もしかして……唯?」

犬「ワン!」

和「し~~~~~~~っ」

犬「わふ」

和「……ほ、本当に?」

犬「わふわふ」

和「いやいや、まさかそんなことがあるはずないわ」

和「でも、これで唯がいなくなった辻褄が合うって言えばそうなるのよね」

和「何よりも、このヘアピンが証拠」

和「だけど『この犬が唯なの!』って言って澪たちに信じてもらえるかしら……」

和「~想像中~」

和「駄目駄目! 私のイメージが崩れること間違いなしだわ」

犬「くぅ~ん……」

和「はっ! こ、この瞳……」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:59:20.59 ID:XW2JEjTC0
和「これは、唯が私にいつも何かをおねだりするときの目にそっくり」

和「……わかったわ」

和「朝、私があなたに会った時、唯と見間違えた」

和「でも、見間違いだと思ったことがそもそもの間違いだった」

和「見間違いなんかじゃなくって、あなたが、あなたこそが本物の唯!」

犬「ワン!ワン!ワン!」ペロペロ

和「ちょっと、くすぐったいわよ」

犬「わふ」

和「気づいてもらって嬉しいの?」

犬「ワン!」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 02:02:54.39 ID:XW2JEjTC0
和「でも、なんで犬になっちゃったのよ?」

犬「わふ~?」

和「わからないの?」

犬「わふ」

和「そう……」

犬「ハッハッ」

和「お伽話なんかでは、こんな呪いをかけられたら王子様のキスで元通りってのが相場だけど」

和「現実はそうはならないわよね~」

犬「わふわふ」

和「まぁ、すごい非現実的な出来事であろうものが今まさに私の目の前にいたりするんだけど……」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 02:08:28.76 ID:XW2JEjTC0
 3年2組 教室

和「とりあえず、唯がなんらかの原因でこの犬になったってことを皆に話さないとね」

犬「くぅ~ん」

和「大丈夫、最初は頭が変な奴だって思われるだろうけど、必死に訴えかければ信じてもらえるはずよ」

犬「ワン!」

     ガチャ!!

澪「あ、和、聞いてくれ……」

和「その前に、私の話を聞いて貰えるかしら?」

澪「え、ああ、うん」

律「なに、その犬」

和「よくぞ聞いてくれたわ。唯が突然姿を消した原因がこれなのよ!」

紬「和ちゃん、何を言ってるの?」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 02:12:26.59 ID:XW2JEjTC0
和「ええ、わかってるわ。そんな反応が返ってくるなんてのは想定内よ」

和「実は、この犬こそが唯なのよっ!」

犬「わふ!」

澪「は?」

和「信じられないってのはわかるわ。でもこれが事実なのよ!」

律「ち、ちょっと待った和」

和「朝ね、私この子を唯と見間違えちゃったのよ」

和「最初はただの犬だって思ってた、けどやっぱり違うの」

和「見て、この何かを訴えかけているような瞳!」

和「まるで宿題を忘れてきた唯がノート写させてって言ってくるときの目にそっくり」

和「それに、このヘアピン。これはまさしく唯の物よ!」

和「きっと、悪い科学者なんかに変な薬を飲まされて犬にされちゃったんだわ」

和「某高校生探偵が薬を飲まされて子供にされちゃったみたいに」

紬「和ちゃん、ちょっと落ち着いて」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 02:17:03.38 ID:XW2JEjTC0
和「落ち着いてなんかいられないわ! 親友が犬にされちゃったのよ!」

澪「唯がいなくなってそうやって現実逃避するのはわかるよ」

澪「けど、それは犬で唯は……」

和「現実逃避ですって!? これだけこの犬が唯だって熱弁したのになにも信じてもらえないのねっ!」

和「いいわ、信じてもらえなくてけっこう! 結局あなた達は唯とはここ2、3年の付き合いですものね」

和「だけど私は小さい頃から唯とはずっと一緒だったの」

和「もうあなた達には何も頼むことはないわ!」

和「私一人でもこの子を人間に戻す術を見付け出してみせる!」

律「お、おい和! どこに行くってんだ!? もう次の授業始まるぞ!」

和「授業? そんなもの受けてる暇なんてないわ!」

澪「だ、誰か和を止めろ!」

紬「和ちゃん大丈夫よ。唯ちゃんは無事だから」

和「嫌っ! 離してっ! あなた達もそのマッドサイエンティストの手先なのねっ!」

律「あの、聡明な和がここまで取り乱すなんて……」

澪「精神的にすでにやられちゃってるのかもな……」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 02:20:03.72 ID:XW2JEjTC0
犬「キャン! キャン!」

和「唯! 逃げて! また何か変な実験に使われちゃうかもしれないわっ!」

律「だからそれは唯じゃないってば」

澪「もう唯はすでに……」

   ガチャ!!

唯「は~、スッキリした~」

和「えっ?」

紬「唯ちゃん、さっき学校に着いたところなの……」

和「えっ?」

律「それでとりあえずカバンだけ置いて、漏れそうって言ってトイレに行ってたんだよ」

和「えっ? ええっ!?」

唯「あ、和ちゃん、おっはよ~」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 02:22:09.87 ID:ywkx6+hmO
わちゃん……


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 02:22:24.20 ID:vYsoeePw0
おおう…


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 02:22:43.08 ID:GjoS21e3O
わちゃんまじわちゃん


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 02:23:09.05 ID:CblmCWTh0
あなた疲れているのよ・・・



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 02:24:23.07 ID:XW2JEjTC0
和「じゃあ、この犬がしてた唯のヘアピンはいったい……」

唯「あ! 朝のわんこ!」

犬「ワンワン!」

唯「お~よしよしよしよし」

和「唯、この犬知ってるの!?」

唯「そうそう、聞いてよ和ちゃん。聞くも涙、話すも涙だよ~」

唯「朝学校行く途中でこの子に出会ってね。前に私が髪型変えたとき和ちゃんに犬みたいって言われたから
  逆にこのわんこに私が付けてるヘアピン付けたら私に似るのかな~って思って」

唯「それでヘアピン付けたら急にこの子が走りだしてね。一生懸命に追いかけたんだけど途中で見失っちゃってさ~」

唯「気づいたらなんだか知らない道に出ちゃって……。携帯の電池は切れるわで、やっとこの時間になって学校に来れたって訳」

和「……」

律「の、和もなかなか面白いやつだよなぁ~……」

澪「そうそう、唯が犬になったって冗談言うなんて
  あまりにも熱が入ってたからツッコミ損なったよ~。あ、あははは……」

和「!?」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 02:27:11.82 ID:XW2JEjTC0
和(これじゃあ私ったらちょっと頭が可哀相な子ってクラスの皆に思われちゃうかも)

和(ここは一つ……)

和「ハーイ、アタイ犬のワンコ、チェケラッチョイ」

犬「わふわふ!」

澪律紬「!?」

和「今日は友達の和ちゃんに会いにきたんだワン」

唯「和……ちゃん……?」

和「……」








和「じゃあ私、心療内科に通院するね」

澪「お、お大事に……」
 
何よりも、スベったことに対して深く心に傷を負った和であった

おしまい

64 : 以下、名無しにか - 2010/11/24(水) 02:33:59.10 ID:dcTfGoXcO
和ちゃんがかわいすぎて乙


70 : 以下、名無しにか - 2010/11/24(水) 02:48:17.85 ID:xxCZYL9t0
唯じゃなかったのかよwwwwこれは予想外



72 : 以下、名無しにか - 2010/11/24(水) 02:54:59.23 ID:fOnznwCMO
和ちゃんって見てるこっちが恥ずかしくなる何かがあるよなwwwwwww
乙wwwww




関連記事
スポンサーサイト

| SS(VIPスレ) | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uiuikawaui.blog27.fc2.com/tb.php/294-8f53ea5e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。